Northern Light * ☆ A TWO - BLUE -



_____ I love you Chuehonn



My Dear
 . . .me too so much
My Angel. . .

I love you so. . .
  . . . Very much



朝日の昇ってくる魔法の時間が終わる瞬間の空に、差し込む光・・・


夜明けの空の色は

・・・海の蒼 ________



地上に残した天使の居る、水のオーラの星

眠りから目覚められた原石が、削られて、磨かれて、自ら輝き出す

蒼い原石・・・ 水のオーラを纏った・・・


涸れ果て冷たい闇の奥深くから、HOPE希望を託されて人が祈りを、

蒼い地上から・・・その夜明けに捧げる

夜明けの明星、水星Mercury


地上の天使も、この星に祈りを捧げてくれているのだろうか・・・・




涙を吸い取る魔法を天使に捧げて



天使がどれだけ涙を、蒼い魔法に話してくれたのだろうか・・・

今は言葉に出来ないほど心の中は、天使だけに埋め尽くされていて
大切な友達から、大切な恋人と成って

親友を失った事が、自分の運命を狂わせたのだろうか・・・

それが宿命だったのならば、天使がこの先を導いてくれると
今の自分をここまで導いてくれたのならば、この先もと願うのは

希望の星に・・・


水の星と呼ばれる太陽に一番近い星

この蒼い魔法と同じ色の地上から、子供の頃のままの石と同じ色の瞳で見詰めて

天使が見詰め続けて来てくれた妖精の瞳

悲しみの涙をずっと、ずっと・・・

自分の瞳を見詰めて話して来てくれたのだろう・・・

天使の記憶の中に自分がいつも居た事が、嬉しくて・・・嬉しくて・・・



君への本当の愛を影像に収めて

君への愛を永遠に怠らないとその中で誓った



その映像の中で 一て(はじめて)生きた自分

賞賛を受けた栄誉は、自分の部屋に持って帰れない
ただ自分の心の中に刻む・・・

心と頭の中に残しておきたい記憶として
心と頭の中に刻んでおきたい誇りとして

心と魂に刻みこまれた、愛として・・・


心が・・・

君をただ愛しいと、求め続けて止まなくて・・・



ピンクは恋の始まりの色で・・・

白は愛の最初の一(はじめ)の色で・・・



ピンクと白の2色のバラを貰ったあの日

恋と・・・

・・・愛が 

自分の心の中に存在していた



同じバラの香りに包まれて

Little Starの歌の中に、ピンクの雲の上から、ピンクの星を降らせると
白く変わる魔法を掛けて・・・

バラの海に灯したキャンドルが1つ、また1つと煙に消える

_____ HOW I WONDER . . . WHAT YOU ARE. . . . .

この歌詞の中に自分を隠して、1つずつのキャンドルの煙の中に
自分の過去を同じ様に魔法で煙の様に消して行ったら

天使がその先を照らす1つの灯りだけが、見えると思うから


この魔法の掛かったバラの海に、天使が妖精と一緒に居て欲しいと願いを込めて

二人の肌から香った同じはずのピンクと白の魔法の香りは
グラデーションの掛かったバラと同じ様に少しだけ違っていたけれど・・・

ピンクと白の 恋も愛も 永遠に怠らないと心に刻んだのも・・・


2色の花びらのバラは、グラデーションの掛かった1つの花

2色のオーラ、ピンクの恋も白の愛も、感じるのは1つの心



その事を隠して・・・


Fairytale “ おとぎ話 ” 妖精はね・・・ 

White Night “ 白夜 ” 永遠の光の幻想の世界を・・・

Love, Is a Mystery “ 一つの謎の愛 ” 愛の神秘に隠して・・・


“ 妖精の人生、この今に永遠に日が沈まない様に、愛の魔法を ”


どうか、ただ1つの願い事の先を照らして欲しい・・・

その想いが きっと自分の脳裏に在って見せたのだろう

あの時見た夢を忘れない_________




自分の運命を開かせてくれる様な言葉の数々・・・

蒼白い光と 澄みきった空気に包まれた様な・・・

・・・シェイクスピアのロミオとジュリエット



月明かりのバラの森を抜けると、天使が振り返り
二つの魔法の時間の狭間にある河原 そのせせらぎに隠す悲しみを蒼い石に打ち明ける
・・・バラ色の頬に残した涙の痕


_____ Deny the family name of noble birth or if you will not be by relation,

   貴方の家名が何であろうとも関係なく・・・


月の光の中に両手で捕まえた天使
頬を両手で包み込んで、涙の痕を拭っていた自分
見詰めた瞳に、蒼い石を思ってくれていると信じて
君の今までの過去の人生を全て、自分に打ち明けてくれていたと思うと
言葉に成らないほど、心から愛しくなっていた


_____  But my heart never changed by the shape of my love for you…

   貴方を想い続けても その心が変わる事も無く・・・


瞳を見詰め返されていて、蒼い石に自分を重ね人生の今までの全ての悲しい瞬間に
自分を思い出してくれていたと思うだけで・・・

この心の中にある たった一つの愛は、これからも変わらないと伝えたくて


_____  Please through my family name away from us and acting that each other

   家名を捨て共に歩み出して欲しい・・・


もしも自分が敦賀蓮の名を、キャンドルの煙の様に
今までの過去として・・・
全ての過去を煙の様に消して来た自分には、敦賀蓮も・・・
・・・ただ1つの自分の過去の一部となるだけ



_____  Then we can be together… I wish you and I could make that up and be together…

   二人で新しい人生を一緒に・・・それを成し遂げられると願っているから・・・


だからこの背中に生えた大きな羽が、光の色を映し出す
透明な空気を蒼白い世界に染める月の光をこの羽で
無色透明のダイヤモンドが自ら光を輝かせているのでは無いのと同じ
透明で見えない羽が、ただ光の7色を映しているだけ


_____  Please take me to away with you…
     I swear and believe to yours and my destinies…

   貴方と共に消え去れる・・・その二人の運命を信じると誓い・・・


月の光で羽が輝いた時には、Radiance光り輝く未来に飛び出せると願いを込めて

親友を失った恐怖から・・・

大切な人を作ってはいけないと思い始めたのは
大切な人ができたらまた・・・失う・・・のだろうと・・・

でももう怖くない・・・


_____ I never defaulted love to you now and then…
     I hope we could be together as the hanging in the stars of your cheek of night…

   今もこれからも・・・ 君への愛を怠らないから・・・
   宿命の星の元に、笑顔をお互いに絶やす事無くいられると、その未来を望む


見詰めてくれているその瞳から涙を流す時は
蒼い石に話してくれた様に、自分に気持ちをぶつけて欲しい

妖精にも天使にも背中の羽は見えないだけ・・・

自らが光を放つのではなく、光を写してその色を変えて行く・・・



妖精が1人
天使が1人


1人ひとりでは、その羽に光を当てて輝かせても
背中の羽は振り返っても見えないだけ・・・

2人でお互いに見詰め合って

それぞれの羽を見る事が出来ると気が付いた時から、もう・・・
大切な人を作る事に恐怖はなかった

自分が愛を怠らなければいいだけ ・・・

君を光り輝くRadiance 未来に連れて行ってあげるから、どうか・・・
妖精にもその手を差し伸べて、光り輝く未来に連れて行って下さい

自分では見えない大きな羽を、光の中に輝かせて
お互いがお互いの羽を見て、勇気を出して飛べばいいだけだと_______





Twinkle twinkle little star how I wonder what you are…up above world still high like the diamond in the sky . . .

きらきら光る空の星 手の届かない世界は果てしなく高く
その空に光るダイヤモンドの様で・・・

Twinkle twinkle little star. . . How I wonder WHAT YOU ARE...

光り輝く空の星・・・

どう思い描けば

天使の君にこの心が届くのだろう..._________



蒼い水のオーラの星に、黒く深い闇の中に眠る

2人の1つの命・・・

輝く光を羽に当てる為に、温かな温もりに包まれた世界に飛んで行く為に

光源である太陽の君が・・・

・・・必要・・・




君に香りと共に贈ったメッセージ




Always: Sunflowers 太陽に向いて咲き続けて
Only with me : Red Door 赤い扉を開ける時は、覚悟して開けて
Hope : Splendor 輝く人、輝きを

_____ 久遠


My Desire: 自分の望み
True Love Eternity: 永遠の真実の愛

_____ 蓮



大きな羽に光を当てて、見える羽にしてと・・・
夜明けの星Mercury 希望の星から


A lways
O nly with me
H ope

AOH 蒼い魔法で君に 

ALWAYS... ONLY WITH ME... splendor's HOPE

“ いつも. . . 自分と共に. . . 輝く人と成る為の希望を・・・”


ひまわりが太陽に向き続ける様に、未来の自分を見詰め続けて
赤いドアを開ける様に、世間からの偽りもの全てに気を付けて
輝きを増して欲しいと、希む・・・

・・・けれど


I . . .ALWAYS . . .HOPE . . .ONLY WITH ME

“ いつも自分だけの天使でいて欲しい・・”


・・・とは、まだ久遠と蓮の気持ちが1つの心に2つあったから


だからね・・・

蓮との2つの心の混同が、自分からの言葉として続いていたんだよ・・・



MY DESIRE is ALWAYS HOPE ONLY WITH ME. . . with TRUE LOVE ETERNITY

“ 永遠の本当の愛を 自分だけの君でいて欲しいと 自分の見える未来の望み”


自分が見詰め続ける未来に、君がいつもいて欲しいと望みながら
その未来に向かって自分の人生を歩んで生きたいと思ったのは・・・

もう、ずっとずっと前から

自分の心の中に有った事なのだろう



二人からの白

2つの白い香り・・・


1つの赤と1つの太陽の色

天使が自分で選んだ香り・・・




・・・これらが創る色は・・・



凛と美しく咲く大輪のバラ


その蕾からの輝く光の涙・・・




12時にシンデレラの呪縛が解けて


12時からのバラの魔法で、新しいプリンセスにすると掛けた

涙の魔法・・・


自分の望みMy Desireの、ピンクのバラに込めて・・・







........ A TWO Magic of BLUE

スポンサーサイト

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。